盗聴盗撮探索ブログ

調査経験20年以上の経験を持つ調査員が、犯罪撲滅を目指した日々の出来事を綴ります

調査経験20年以上の経験を持つ調査員が、犯罪撲滅を目指した日々の出来事を綴ります

盗聴・盗撮器種類

コンセントタップ型盗聴・盗撮器の特徴と自衛方法

投稿日:

情報機器分析課長です。

今まで当ブログで何度かご紹介してきた、コンセントタップにカムフラージュした盗聴・盗撮器。

これらは実際の探索現場でいちばん発見されやすい機器でもあります。

そこで今回は、コンセントタップ型の盗聴・盗撮器の各特徴と自衛方法をまとめてご紹介いたします。

 

コンセントタップ型盗聴器とは

探索でよく発見される、コンセントタップ型盗聴器。家庭で使うようなコンセントタップにカムフラージュしています。

見た目や電源の特徴は以下のとおりです。

 

コンセント型盗聴器の種類

コンセントタップ型といっても、「トリプルタップ型」「コーナータップ型」

「テーブルタップ(延長コード)型」といったように、通常のコンセントと同様いくつか種類があります。

コンセントタップの内部に盗聴器が仕込まれているので、見た目にも違和感がありません。

 

電源と見た目

コンセントからの電源を確保できるため、半永久的に盗聴が可能。

受信可能距離はものにもよりますが、100〜200mと言われています。

仕掛けた場所から電波到達距離の範囲内の場所で、盗聴用受信器を使用して会話の電波を受信する形です。

サイズは一般的なコンセントタップと同じ大きさで、通常のものと変わりなく使うことができます。

 

コンセントタップ型盗聴器の自衛方法

通常のコンセントタップの見た目と変わりなく、さらには実際に使うことができるため、見た目で発見するのは困難です。
ですから、見慣れないコンセントタップがないかという危機感をもつことが、自衛のキーポイント。

ただし見分けるのが難しくても、発見に役立つポイントがあります。
以前に当ブログでもご紹介しましたが、コンセントタップに必ずあるのがメーカー名の記載です。

また、現在のコンセントタップは火事などのトラブルを防止する為、はめ殺し(固定)タイプになっており、分解したりできないため、メーカー品に盗聴器を仕込むことはできません。

そのため、目視してメーカー名の記載がないものを見つけた場合は疑った方が良いでしょう。

 

コンセントタップ型盗撮器とは

コンセントタップ型は盗聴器だけでなく盗撮器もあります。では盗聴器と違う点はあるのでしょうか。

 

コンセントタップ型盗撮器の特徴

コンセントタップ型盗撮器は、別名コンセントタップ型ネットワークカメラとも呼ばれています。

ネットワークカメラは、それぞれがIPアドレス(通信機器をネットワーク上で判別する識別番号)を持っています。

ネット環境のある場所ならばリアルタイムで映像を見たりするだけでなく、保存や管理がどこからでも操作可能です。

目的にもよりますが、盗撮と盗聴ができるため、コンセントタップ型盗聴器よりも主流になっています。

 

見た目の特徴

当ブログを読んでくださっている方ならわかると思いますが、盗撮器はカメラレンズを目立たなくするために、全体的に黒いデザインのものが多くあります。

しかし通常のコンセントタップは、白いデザインのものが多く目立たなくすることが困難です。

そのため現在では、コンセントタップ型より黒色でも違和感のないUSB式のコンセントにカムフラージュしているものがの主流になってきてます。

動くものに反応する動体検知機能がついているタイプもあり、USBコンセントとしても使用可能です。

 

電源・記録媒体・レンズ位置

電源はコンセントからの電源供給で、内部に組み込まれているマイクロSDカードに記録される仕組みです。

コンセントタップの場合、レンズの位置はコンセント差込口の下に小さな穴があります。

USBコンセントの場合には、USBインターフェース(機器どうしをつなぐ接続部)の上か下に小さな穴が開いており、そこにカメラレンズが仕込まれています。

「小さな穴がある」というところが、盗聴器との違いです。

 

コンセントタップ型盗撮器の自衛方法

 

盗聴器と同じように、見た目は本物のコンセントタップとほとんど違いがありません。

ですから自衛方法も同じで、見慣れないコンセントタップやUSB式のコンセントを発見した場合には、小さな穴が開いていないかを確認してみてください。

 

現在の探索でもいちばん発見率が高い、コンセントタップ型の盗聴・盗撮器。

どちらも同じ自衛方法で危険を回避できますので、日ごろから注意していただくと良いでしょう。

☆ー*-☆ー*-☆ー*-☆ー*-☆ー*-☆ー*-☆ー*-☆

 

 

安全と安心の ALSOK東心株式会社
東京・神奈川・千葉・埼玉・茨城・栃木県含め 全国対応いたします
企業様・個人様の安全対策をサポート

盗聴器発見、盗撮器発見業務や
誰かに見られている監視されているなどの不安やお悩み
『盗聴・盗撮器 探索サービス』が解決します!

年中無休 24時間365日
電話:042-370-1760
〒183-0055
東京都府中市府中町1-14-1朝日生命府中ビル6階
https://www.tohshin.alsok.co.jp

『盗聴・盗撮器 探索サービス』ページはこちらから
https://www.tohshin.alsok.co.jp/touchou_tousatu.html

盗聴器や盗撮器は意外と身近な場所に簡単に設置されます。
例えば・・・
三又のコンセント型盗聴器、テーブルタップ型盗聴器、スイッチ付きコンセント型盗聴器、
電話のモジュラーケース型盗聴器、電話機・リモコン・時計に内蔵された盗聴器、
照明器具の中に設置された盗聴器、ぬいぐるみ型盗聴器などの盗聴器や
超小型CCDカメラで盗撮を行う盗撮器などの設置はあらゆる場所に設置可能です。

☆ー*-☆ー*-☆ー*-☆ー*-☆ー*-☆ー*-☆ー*-☆

 

 

-盗聴・盗撮器種類

執筆者:

関連記事

内視鏡型盗撮器の特徴と盗撮事例、自衛方法

情報機器管理分析課長です。   今回は「内視鏡型盗撮器」の特徴、盗撮事例、自衛方法についてお伝えします。 盗撮犯自身が手に持っての盗撮、物陰に固定しての盗撮と、両方の盗撮手口に備える必要があ …

盗聴器の種類3選とその性能

情報機器分析課長です。 これまで、このブログでは電源タップ、電卓、ペンなど様々なものに カムフラージュされた盗聴器をご紹介してきましたが、基本的には 3つの性能に分類することができます。 今日はその性 …

盗撮防止!隠しカメラ対策

こんにちは!情報管理調査主任です。 仕事始めが終わったと思ったら今度は3月がもう目の前です。 お勤めの方は決算を迎えて大忙しの時期になるのでしょうか。 私たちの場合の2月3月は進学や転勤に伴う引っ越し …

【盗聴器】ボールペン型盗聴器

こんにちは!ALSOK東心 情報機器分析主任です。 皆様、見た目で全然見分けがつかないボールペン型の盗聴器があることをご存じですか。 ボールペン型の盗聴器は、見た目が「ペン」そのものですから、意外と気 …

コンセント内部盗聴器の仕組みと対処方法

情報機器分析課長です。 今回は盗聴の中でも特に手の込んだ手段である「コンセント内部盗聴器」について、その仕組みや発見時の対処方法、流通経路などを解説していきます。 盗聴器の仕組みを知ることで自己防衛に …

ページ先頭へ