盗聴盗撮探索ブログ

調査経験20年以上の経験を持つ調査員が、犯罪撲滅を目指した日々の出来事を綴ります

調査経験20年以上の経験を持つ調査員が、犯罪撲滅を目指した日々の出来事を綴ります

盗聴・盗撮器種類

卓上ライト型盗撮器の特徴と自衛方法

投稿日:

情報機器分析課長です。

今回は「卓上ライト型盗撮器」について、特徴と自衛方法を解説します。

宿泊施設や会社、自宅などさまざまな場所に置いてあっても違和感がありません。
見分けがつきにくいからこそ、会社の機密情報や個人情報を奪われないためにあらかじめ知っておく必要があります。

ぜひ特徴をつかんで、自衛にお役立てください。

 

卓上ライト型盗撮器の特徴

詳しい盗撮器の特徴をご紹介します。

卓上ライト型盗撮器とは

テーブルの上などに置けるスタンド型のライトで、大きさはさまざまありますが、置いてあっても違和感がありません。

 

具体的な大きさとしては、縦・横と幅が10センチ未満、高さは15~20センチ未満のものが多くあります。通常のライトとしての使用も可能です。

見た目とカメラレンズの位置

 

ライト部分は全体の上部10センチ程度で、下部にはスイッチや電源コンセントがあります。
カメラが配置されている場所は、だいたいスイッチ部分です。
ピンホールカメラのレンズを目立たなくするために、スイッチや周りの部分がカムフラージュされています。

 

また、下部がマジックミラーになっているものもあります。表面が反射して周りのものが映るため、カメラレンズが余計にわかりにくいので注意しましょう。

 

記録媒体と電源の特徴

ネットワークカメラになっていて、Wi-Fiなどの無線通信接続に対応しているため、遠く離れたところからも遠隔操作で撮影できます。

 

スマホで動画撮影の開始と停止ができるほか、各種設定も可能です。撮影したデータもスマホによってその場で確認することもできます。

記録媒体はマイクロSDカードが内蔵されており、容量がいっぱいになったら上書きして撮影します。
動くものに反応して録画を始める動体検知機能や、暗い場所でも撮影できる赤外線LEDが搭載されているものもあり、機能はさまざまです。

 

電源はコンセント(ACアダプター)またはUSB式で、コンセントで外部電源に接続することで24時間撮影が可能です。

 

卓上ライト型盗撮器を使用した盗撮手口の例

盗撮する手口の例には以下のようなものがあります。

 

会社やオフィスの会議室や役員室に設置

カムフラージュ性が高いものであるため、役員室など機密情報を扱う場所に設置して、会社の重要な情報を奪う可能性があるので注意してください。

またオフィスに置いて、働いている従業員の情報を得ることも考えられます。

 

自宅などに設置される

プレゼントとして贈られた卓上ライトが盗撮器だったという場合もあります。知らずに設置すると、部屋やベッドルームといったプライベート空間を盗撮されてしまい危険です。

 

宿泊施設に設置

ホテルなどの宿泊施設で小さな卓上ライトが設置してあることはよくあります。

宿泊施設の部屋は、たとえ一時的でも自宅と同様にプライベート空間。

着替えだけでなく、くつろいでいるところを盗撮するために設置される可能性があるので注意が必要です。

 

卓上ライト型盗撮器の自衛方法

 

見分けが難しいものだからこそ、自衛していくことが大切です。

 

見慣れない卓上ライトには注意

会社や自宅の場合、見慣れないライトを見かけたら一度疑いましょう。

仮に見慣れないライトを見つけた場合は、まずピンホールカメラがないか確認してください。

 

ただしマジックミラータイプの卓上ライト型盗撮器だと、カメラレンズの発見は難しくなります。
盗撮器かどうか見分けがつかない場合は、ライトの向きそのものを変えるだけでも、対象物の撮影が困難になるので効果的です。

 

Wi-Fiのパスワードは人に教えない

 

ネットワークカメラのタイプは、ネットに接続しなければ作動させることができません。

Wi-Fiなどの情報を知られなければ、仮に設置されていたとしても使用できないので、有効な自衛方法になります。

 

ですから、パスワードなどをむやみに教えるのは控えた方がよいです。

また、パスワードを定期的に変更することもおすすめします。

☆ー*-☆ー*-☆ー*-☆ー*-☆ー*-☆ー*-☆ー*-☆

安全と安心の ALSOK東心株式会社
東京・神奈川・千葉・埼玉・茨城・栃木県含め 全国対応いたします
企業様・個人様の安全対策をサポート

盗聴・盗撮器探索業務や
誰かに見られている監視されているなどの不安やお悩み
『盗聴・盗撮器 探索サービス』が解決します!

年中無休 24時間365日
電話:042-370-1760
〒183-0055
東京都府中市府中町1-14-1朝日生命府中ビル6階
https://www.tohshin.alsok.co.jp

『盗聴・盗撮器 探索サービス』ページはこちらから
https://www.tohshin.alsok.co.jp/touchou_tousatu.html

盗聴・盗撮器は意外と身近な場所に簡単に設置されます。
例えば・・・
三又のコンセント型盗聴器、テーブルタップ型盗聴器、スイッチ付きコンセント型盗聴器、
電話のモジュラーケース型盗聴器、電話機・リモコン・時計に内蔵された盗聴器、
照明器具の中に設置された盗聴器、ぬいぐるみ型盗聴器などの盗聴器や
超小型CCDカメラで盗撮を行う盗撮器などの設置はあらゆる場所に設置可能です。

-盗聴・盗撮器種類

執筆者:

関連記事

目覚まし時計・置時計型盗聴・盗撮器の特徴と対策

情報機器分析課長です。 今回紹介するのは時計型、それも置時計型カメラを使った盗聴盗撮について。 置時計型カメラの特徴や犯行の手口について説明した後、自衛の方法について考えていきます。 目覚まし・置時計 …

壁掛けフック型カメラを使った盗撮の手口と自衛方法

情報機器分析課長です。   今回紹介する盗撮機器は壁掛けフック型カメラです。 知ってさえいれば一般人でも存在に気づきやすいカメラですので、今回の記事を自衛の知識を得るきっかけとしてください。 …

【盗聴器】ボールペン型盗聴器

こんにちは!ALSOK東心 情報機器分析主任です。 皆様、見た目で全然見分けがつかないボールペン型の盗聴器があることをご存じですか。 ボールペン型の盗聴器は、見た目が「ペン」そのものですから、意外と気 …

コンセント内部盗聴器の仕組みと対処方法

情報機器分析課長です。 今回は盗聴の中でも特に手の込んだ手段である「コンセント内部盗聴器」について、その仕組みや発見時の対処方法、流通経路などを解説していきます。 盗聴器の仕組みを知ることで自己防衛に …

ボタン型盗撮器の特徴と自衛方法

情報機器分析課長です。 今回は「ボタン型盗撮器」について、特徴と盗撮犯の行動の傾向、自衛方法をお伝えします。   ボタン型盗撮器の特徴 ボタン型盗撮器とは スーツやシャツのボタンに似せた盗撮 …

ページ先頭へ