盗聴盗撮探索ブログ

調査経験20年以上の経験を持つ調査員が、犯罪撲滅を目指した日々の出来事を綴ります

調査経験20年以上の経験を持つ調査員が、犯罪撲滅を目指した日々の出来事を綴ります

盗聴・盗撮器種類

ネクタイ型盗撮器の特徴と自衛方法

投稿日:2019年7月11日 更新日:

情報機器分析課長です。

今回は「ネクタイ型」と呼ばれる盗撮器について、その特徴と自衛方法を解説します。

以前「タイピン型盗撮器」に関する解説をしましたが、今回のネクタイ型はタイピンではなく布地のネクタイそれ自体が盗撮器となっているものです。

 

ネクタイ型盗撮器の特徴

 

ネクタイ型盗撮器とは

ネクタイの布地に小さな穴を開け超小型のカメラを仕込んだ盗撮器です。

盗撮犯自らが着用することで、前方の風景を盗撮します。

リモコンと対になっており、リモコンのボタンを押すことで録画が始まる仕組みです。

 

見た目、カメラレンズの位置

着用した際の見た目は本物のネクタイと変わりありません。

ただし、首元の結び目が最初から作られた状態であるため、本物のネクタイのように一本の細長い布地には戻りません。

色は黒や青のものが多いです。カメラを仕込む穴が目立たないようにするためでしょう。

カメラレンズは着用者の胸の高さに位置になります。

布地にパッと見る程度ではわからないほどの小さな穴が開いており、そこにピンホールカメラが内蔵されています。

対になっているリモコンの大きさは、自動車のキーレスエントリー程度です。

 

記録と電源の特徴

ネクタイの裏側の生地に包まれるような形で、バッテリーと記録媒体が内蔵されています。

バッテリーは充電式のものがほとんどで、稼働時間は2時間ほどです。

画像は内蔵のメモリに記録されて、USBケーブルでパソコンに取り込まれる設計になっているものが出回っています。

 

ネクタイ型盗撮器を使った盗撮事例

 

会社の資料など個人情報目的

ネクタイを着用した状態で使用することから、主に会社内や移動中、通勤中の盗撮に使われます。

カメラの角度が着用者の胸から真正面となっていることから、手に持った状態の資料や会議中に映されるスライド等の盗撮に使われる例が多いです。

 

探偵が人の追跡に使う

会社内での盗撮の他に、探偵がターゲットを尾行する際にも使われます。

探偵が受ける依頼の中でアリバイ調査や浮気調査といったものは、ターゲットの行動を証拠として残す必要があります。後に裁判沙汰になった場合、物的証拠の存在が裁判の進みに強く影響するためです。

 

ネクタイ型盗撮器に対する自衛方法

 

要注意ポイントはネクタイの裏とリモコンの存在

本物のネクタイとの違いは、ネクタイ型盗撮器は裏面にバッテリーや記録装置が内蔵されていることです。

生地で覆われているので、ひと目で見抜けるものではありませんが、わずかな膨らみなどを感じた場合は盗撮器の可能性を疑ってください。

また、ネクタイ型盗撮器はリモコンと対になっています。車のキーほどの大きさがあるリモコンを、ズボンやスーツ裏のポケットに隠し持っていることが考えられます。

しきりにポケットに手を伸ばすなど不審な行動があれば警戒を強めてください。

 

ネクタイ型盗撮器は着用をやめられない

着用した状態では本物と見分けがつかないネクタイ型盗撮器ですが、体から外してしまうと本物とは大きな違いがあります。

ネクタイ型盗撮器は、首元の結び目を外すことができません。着用の仕方や外し方が本物のネクタイとは異なります。

対応策として、会議の場での情報漏えい防止を完璧に行いたい場合、クールビズやビジネスカジュアルなどを促して、出席者にネクタイをさせないようにすれば良いのです。

盗撮犯が着用するタイプの盗撮器は、一般的に発見が難しいものです。相手が盗撮犯かどうかわからない状態で相手の服やアクセサリをまじまじと見つめるのは、どうしても抵抗がありますので。

最も重要な自衛方法は、世に存在する多種多様な盗聴・盗撮器を一つ一つ知っていくことです。知っているからこそ違和感を感じ取り、対策をとっていくことができます。

 

☆ー*-☆ー*-☆ー*-☆ー*-☆ー*-☆ー*-☆ー*-☆

安全と安心の ALSOK東心株式会社
東京・神奈川・千葉・埼玉・茨城・栃木県含め 全国対応いたします
企業様・個人様の安全対策をサポート

盗聴・盗撮器探索業務や
誰かに見られている監視されているなどの不安やお悩み
『盗聴・盗撮器 探索サービス』が解決します!

年中無休 24時間365日
電話:042-370-1760
〒183-0055
東京都府中市府中町1-14-1朝日生命府中ビル6階
https://www.tohshin.alsok.co.jp

『盗聴・盗撮器 探索サービス』ページはこちらから
https://www.tohshin.alsok.co.jp/touchou_tousatu.html

盗聴・盗撮器は意外と身近な場所に簡単に設置されます。
例えば・・・
三又のコンセント型盗聴器、テーブルタップ型盗聴器、スイッチ付きコンセント型盗聴器、
電話のモジュラーケース型盗聴器、電話機・リモコン・時計に内蔵された盗聴器、
照明器具の中に設置された盗聴器、ぬいぐるみ型盗聴器などの盗聴器や
超小型CCDカメラで盗撮を行う盗撮器などの設置はあらゆる場所に設置可能です。

-盗聴・盗撮器種類

執筆者:

関連記事

引っ越しで住居やテナント物件を選ぶときの注意点

情報機器分析課長です。 住まいの引っ越しや会社の移転で物件を決める際には、気になっている物件を実際に見学して確認する内見を必ず行います。 賃貸物件は次の方が入居する前にリフォームや清掃が行われるため、 …

イヤホン型盗撮器の特徴と自衛方法

情報機器分析課長です。   今回は「イヤホン型盗撮器」の特徴と自衛方法についてお伝えします。 本来は追跡のプロが証拠撮影用として使ったり、自転車などアクティブな趣味を楽しむ際の記録用カメラと …

間接照明型カメラの仕組みと自衛方法

情報機器分析課長です。 今回紹介するのは間接照明型カメラについて。 家の中に置かれた間接照明に盗撮カメラが仕込まれていたという例です。 これは盗撮犯が自作したもので手の込んだ盗撮カメラでした。 &nb …

【盗聴器】盗聴用USBマウス

こんにちは! ALSOK東心 情報機器分析主任です。 昨今、オフィスでも家庭でも、パソコンがあるのは当たり前ですよね。 そしてパソコンがあれば、当然マウスもあります。 ところがそんなマウスの姿をしなが …

電卓型盗聴器の仕様説明と警戒の方法

情報機器分析課長です。 このブログでは、盗聴犯罪に対する自衛の知識を知っていただく目的で、様々な盗聴の手口と使用される機器を解説しています。 今回の記事では電卓型盗聴器について扱います。 盗聴器の仕様 …

ページ先頭へ