盗聴盗撮探索ブログ

調査経験20年以上の経験を持つ調査員が、犯罪撲滅を目指した日々の出来事を綴ります

調査経験20年以上の経験を持つ調査員が、犯罪撲滅を目指した日々の出来事を綴ります

盗聴・盗撮器種類

タイピン型盗撮器の特徴と自衛方法

投稿日:2019年6月27日 更新日:

情報機器分析課長です。

今回は「タイピン型盗撮器」の特徴、盗撮犯の傾向、自衛方法についてお伝えします。

 

タイピン型盗撮器の特徴

タイピン型盗撮器とは

ネクタイがワイシャツずれないよう留めておくためのタイピン。

それにカムフラージュされた盗撮器です。

単体では盗撮器としての機能しかありませんが、現在出回っているものは集音マイクがセットで売られているものが多いです。このため、盗撮器だけでなく盗聴器としての機能も有していると思った方が良いのです。

 

見た目、カメラレンズの位置

見た目はシンプルなデザインのタイピンであることが多く、シルバー1色の細長いタイピンで装飾もほとんどないものが、現在多く出回っています。

前面の見た目はタイピンですが、裏面にはコードが付いており服の中へ繋がっています。

カメラの位置は、タイピンの前面、つまり相手の方を向いている面で、そこに1mmの穴が在り、カメラレンズが仕込まれているのです。

よほど注意深く観察しない限り、穴はデザインの一部としか認識できません。

 

記録と電源の特徴

映像データはコードを介し、スーツのポケットやベルトなどに仕込んだ外部記録装置に送られます。

電源は電池式。大きさはミントケース位で、電池ケースをポケットやベルトに仕込み使われています。

 

タイピン型盗撮器を使った盗撮事例と傾向

 

スーツ姿で使用する

タイピンは、ネクタイの装飾品であるため、盗撮犯は基本的にスーツを着て犯行に及びます。

夏場は、スーツの上着を脱いでをする人が増えるので、タイピン型盗撮器を使った盗撮事例は比較的少ない季節です。

なぜなら外部記憶装置やバッテリーを使うため、夏場の軽装ではカムフラージュが困難になるためです。

 

会議での盗撮事例が多い

スーツを着用して使用するため、盗撮事例はオフィスでの犯行がほとんどです。目的は機密情報に対するスパイ行為です。機密情報を扱った会議の際に、重役たちが交わす会話を録音したり、映し出されたプレゼンのスライドを撮影するのです。

 

タイピン型盗撮器に対する自衛方法

 

タイピンの位置を見る

タイピンは一般的にへその上あたりに着けている方が多いもの。

ですが、タイピン型盗撮器はそれよりも少し上の位置に着けられる傾向があります。

カメラレンズがスーツと干渉しないようにするためと、座った状態でもテーブルより上にタイピンが位置するようにするためです。

中には好みでタイピンを上にする方もいますが、傾向の1つとして気にしてみてください。

 

季節感のない服装

クールビスの季節にあえてネクタイをしている。暑い中、なぜかスーツを着込んでいる。

そういった服装の裏には、「ネクタイにタイピン型盗撮器を着けたい」「記録装置やバッテリーを隠せるようスーツを着たい」という狙いが見えます。周囲の人間がクールビズを徹底するような社風がある場合などでは、特に警戒が必要です。

傾向として、身に着けるタイプの盗撮器はどうしても発見するのが難しいものです。今回紹介したような使用方法からわずかな違和感を感じ取るようにしてみてください。

疑わしさを感じた場合、座席を変える、脱衣を促すといったさりげない対応を行ってみるのも良いです。

 

☆ー*-☆ー*-☆ー*-☆ー*-☆ー*-☆ー*-☆ー*-☆

安全と安心の ALSOK東心株式会社
東京・神奈川・千葉・埼玉・茨城・栃木県含め 全国対応いたします
企業様・個人様の安全対策をサポート

盗聴・盗撮器探索業務や
誰かに見られている監視されているなどの不安やお悩み
『盗聴・盗撮器 探索サービス』が解決します!

年中無休 24時間365日
電話:042-370-1760
〒183-0055
東京都府中市府中町1-14-1朝日生命府中ビル6階
https://www.tohshin.alsok.co.jp

『盗聴・盗撮器 探索サービス』ページはこちらから
https://www.tohshin.alsok.co.jp/touchou_tousatu.html

盗聴・盗撮器は意外と身近な場所に簡単に設置されます。
例えば・・・
三又のコンセント型盗聴器、テーブルタップ型盗聴器、スイッチ付きコンセント型盗聴器、
電話のモジュラーケース型盗聴器、電話機・リモコン・時計に内蔵された盗聴器、
照明器具の中に設置された盗聴器、ぬいぐるみ型盗聴器などの盗聴器や
超小型CCDカメラで盗撮を行う盗撮器などの設置はあらゆる場所に設置可能です。

 

-盗聴・盗撮器種類

執筆者:

関連記事

盗撮器発見器を知ろう

情報機器分析課長です。 今回の記事は盗撮器を発見するための機器「盗撮器発見器」(以下、発見器)とその使い方についてお話します。 みなさんは盗撮器を探索するときに適切な発見器を選べていますか?そして発見 …

シェーバー型盗撮器の特徴と自衛方法

情報機器分析課長です。 今まであらゆるタイプの盗聴器や盗撮器をご紹介してきましたが、日常でよく使うアイテムにカムフラージュしたものが数多くありました。 今回は「シェーバー」にカムフラージュした盗撮器に …

ボイスレコーダーを使った盗聴は発見が難しい

情報機器分析課長です。 先日、知人から次のような質問を受けました。   「ボイスレコーダーによる盗聴は探索することができますか?盗聴器と違い、電波を発していないので難しいのではと思ったのです …

灰皿型盗撮器の特徴と自衛方法

  情報機器分析課長です。 ここ最近の禁煙ブームによって、あらゆる場所から灰皿が無くなっていますが、場所によっては設置している店舗や事務所などもあるかと思います。 そこで今回は灰皿型盗撮器に …

【企業・オフィス編】盗聴・盗撮に使われそうなアイテム7つ

情報機器分析課長です。   この記事では企業やオフィスでの盗聴・盗撮に使われやすいアイテムとそれぞれの自衛方法を解説しています。 各アイテムに関してはより詳しく解説した記事がありますので、必 …

ページ先頭へ