盗聴盗撮探索ブログ

調査経験20年以上の経験を持つ調査員が、犯罪撲滅を目指した日々の出来事を綴ります

調査経験20年以上の経験を持つ調査員が、犯罪撲滅を目指した日々の出来事を綴ります

盗聴・盗撮器種類

ティッシュカバー型盗撮器の特徴と自衛方法

投稿日:2019年3月22日 更新日:

情報危機管理分析課長です。

 

今回お伝えする機器はティッシュカバー型盗撮器です。

日常生活の中に自然と溶け込み堂々と盗撮するという特性を持つこの盗撮器の対策は、ティッシュカバーが盗撮器になり得るという認識を持つことが何より重要です。

特徴と自衛方法をお伝えしますので、知識の一つとして役立ててください。

 

ティッシュカバー型盗撮器の特徴

ティッシュカバー型盗撮器とは

ティッシュ箱の周りを覆う、ティッシュカバーの外見を模した盗撮器です。

本物と同様、布製のものやプラスチック製のものがあります。

 

見た目・カメラレンズの位置

外見は布製、プラスチック製に関わらず本物と見分けがつきません。

現在、多く出回っているものは数種類のデザインに偏っているため、一度インターネットでティッシュカバー型盗撮器の画像検索をしてみると良いです。

 

カメラレンズの位置はティッシュ箱の横面部分です。デザインが黒になっている部分やロゴの中などに直径1mm~2mmの小さな穴があり、その奥にピンホールカメラが仕込まれています。

 

電源・記録の特徴

長時間盗撮し続ける性能をもったものが多いです。

内蔵のバッテリーでも10時間程度の連続撮影が可能ですが、コンセントやモバイルバッテリーから電源を供給できるものもあります。

モバイルバッテリーはティッシュカバーの内側に隠せてしまうため、自由自在に仕掛けられて長時間の盗撮能力のある盗撮器として警戒する必要があります。

 

ティッシュカバー型盗撮器を使った盗撮手口

 

ありとあらゆる場所に仕掛けられる

ティッシュカバーはオフィスや宿泊施設、温泉、自宅などなら、どこに置いてあっても不自然さの無いインテリアです。

そのため、盗撮犯も当然場所を選ばずにティッシュカバー型盗撮器を設置してきます。

 

盗撮器としてはサイズが比較的大きいですが、その違和感の無さから堂々と仕掛けられ、被害者側がそれに気づくことができないところがこの盗撮器の怖さです。

 

ティッシュカバー型盗撮器に対する自衛方法

角度を変える

ティッシュカバーを見かけたらとりあえず向きを変えてみるという習慣をつけると良いです。

このタイプの盗撮器のカメラレンズは一方向にしか仕込まれていませんので、向きを変えてしまえば盗撮は防ぐことができます。

 

自衛のための習慣としてぜひ身につけておいてください。

触ってみる(布の場合)

布製のティッシュカバー型盗撮器の場合、実際に手で触ってみるとカメラレンズの部分を簡単に見つけることができます。

柔らかい布の感触の中に明らかに硬い部分があるのです。

ティッシュカバー型盗撮器に限らず、インテリアに擬態するタイプの盗撮器に対しては、向きを変えるという対策が効果的です。さほど重くないものが多いので、オフィスや自宅の小物やインテリアの向きを時々変えることを習慣づけると良いです。

☆ー*-☆ー*-☆ー*-☆ー*-☆ー*-☆ー*-☆ー*-☆

安全と安心の ALSOK東心株式会社
東京・神奈川・千葉・埼玉・茨城・栃木県含め 全国対応いたします
企業様・個人様の安全対策をサポート

盗聴・盗撮器探索業務や
誰かに見られている監視されているなどの不安やお悩み
『盗聴・盗撮器 探索サービス』が解決します!

年中無休 24時間365日
電話:042-370-1760
〒183-0055
東京都府中市府中町1-14-1朝日生命府中ビル6階
https://www.tohshin.alsok.co.jp

『盗聴・盗撮器 探索サービス』ページはこちらから
https://www.tohshin.alsok.co.jp/touchou_tousatu.html

盗聴・盗撮器は意外と身近な場所に簡単に設置されます。
例えば・・・
三又のコンセント型盗聴器、テーブルタップ型盗聴器、スイッチ付きコンセント型盗聴器、
電話のモジュラーケース型盗聴器、電話機・リモコン・時計に内蔵された盗聴器、
照明器具の中に設置された盗聴器、ぬいぐるみ型盗聴器などの盗聴器や
超小型CCDカメラで盗撮を行う盗撮器などの設置はあらゆる場所に設置可能です。

☆ー*-☆ー*-☆ー*-☆ー*-☆ー*

-盗聴・盗撮器種類

執筆者:

関連記事

目覚まし時計・置時計型盗聴・盗撮器の特徴と対策

情報機器分析課長です。 今回紹介するのは時計型、それも置時計型カメラを使った盗聴盗撮について。 置時計型カメラの特徴や犯行の手口について説明した後、自衛の方法について考えていきます。 目覚まし・置時計 …

【盗撮器】超小型カメラ内蔵メガネ

こんにちは!ALSOK東心 情報機器分析主任です。 皆様、そろそろ夏も過ぎますが、肌の露出が増える夏は様々なところで 盗撮が行われる可能性が増えることをご存知ですか。 そんな中でも、最近では不自然さを …

スマホケース型盗撮器の特徴と自衛方法

情報機器分析課長です。 今回は「スマホケース型盗撮器」について特徴と自衛方法を解説します。 今や街を歩く人のほとんどが手に持つようになったスマホ。 それが盗撮器だったとしたら? 特に女性をターゲットと …

傘を使った盗撮の手口や実際に起きた事例、防衛手段

情報機器分析課長です。   こちらのブログでは盗撮の機器や手口に関する情報を提供します。 この情報共有をきっかけに読者様に自己防衛について考えていただければと思います。 今日は盗撮の手口の一 …

フォトフレーム型盗撮器を使用した盗撮の手口と自衛方法

情報機器分析課長です。 今回はオフィスにも自宅にも自然に溶け込む【フォトフレーム型盗撮器】についての対策方法を紹介します。 盗撮犯側にとっては比較的設置のハードルが低い盗撮器であるため、流通数は盗撮器 …

ページ先頭へ