盗聴盗撮探索ブログ

調査経験20年以上の経験を持つ調査員が、犯罪撲滅を目指した日々の出来事を綴ります

調査経験20年以上の経験を持つ調査員が、犯罪撲滅を目指した日々の出来事を綴ります

盗聴・盗撮器種類

電卓型盗聴器の仕様説明と警戒の方法

投稿日:2018年11月29日 更新日:

情報機器分析課長です。

このブログでは、盗聴犯罪に対する自衛の知識を知っていただく目的で、様々な盗聴の手口と使用される機器を解説しています。

今回の記事では電卓型盗聴器について扱います。
盗聴器の仕様についての解説のほか、電卓を使った盗聴に対する自衛方法として誰でも実践可能な着目ポイントも一つ紹介しました。

電卓型盗聴器の特徴

電卓型盗聴器は大きく2つのタイプに分けることができます。録音機として使うもの、そして盗聴目的で設計されたものです。

録音機として使われるタイプ

録音機として使う電卓の場合、周囲や使用者に録音状態であることを隠す必要がありません。そのため、録音中を示すランプが備えられている、いずれかのキーもしくは録音専用に用意されたボタンを押すことで録音を開始終了できる、といった仕様になっています。

盗聴目的で設計されたタイプ

一方、盗聴目的で設計された電卓型盗聴器の場合、周囲はもちろんのこと場合によっては電卓を使用する人も録音に気づかないような設計がなされています。
よって、録音の開始終了の方法も背面の小さな穴に専用のピンを挿し込んで起動させるといった手の込んだものになっています。

流通経路

電卓型盗聴器は市販されています。価格帯は5桁が主流。3万円程度のものが多いです。
一般の電卓を改造したものが使われるケースは少なく、犯行に使われる電卓型盗聴器は多くがこのような出来合いの市販品です。

録音機モデルを改造して盗聴に使用する例も

録音目的として製造販売されているモデルが盗聴用に改造して使われるという例もあります。録音中を示すランプを機能からなくすといったサービスは実際に販売の時点で行われているものです。

 

電卓を使った盗聴の手口

私達がよく目にするのは「会社からの支給」「贈り物」といった手段で入手した電卓を使うことで盗聴の被害を受けるパターンです。
通常、電卓と言うとよほど専門的な用途でないかぎり、そこまでこだわって使用される道具ではありません。そのため、人から気軽にもらったり会社から一斉に支給されたものでも違和感なく使ってしまうのでしょう。

電卓型盗聴器に対する自衛方法

電卓型盗聴器に対する自衛方法としては、その電卓のメーカーを確認するという方法が有効です。
先程も説明した通り、電卓型盗聴器は完成品を購入してそのまま使用するという犯行手段がとられます。当然それら盗聴用製品は有名メーカー製ではありません。
そのため、信頼できるメーカー名が刻印されている電卓を使うことで、盗聴機能が組み込まれた電卓を使わされるという事態を防ぐことができます。

また、周囲の人間が使う電卓についても同様にメーカー名を確認しておくことで、警戒すべき電卓があるかどうかを把握することが可能です。

以上です。
電卓型盗聴器への対処は第一にメーカー品の電卓を使うことです。自分もしくは周囲の人間が使う電卓がメーカー名不明、聞いたことのないメーカーであるというような場合は盗聴に対する警戒レベルを上げておくと良いでしょう。

☆ー*-☆ー*-☆ー*-☆ー*-☆ー*-☆ー*-☆ー*-☆

安全と安心の ALSOK東心株式会社
東京・神奈川・千葉・埼玉・茨城・栃木県含め 全国対応いたします
企業様・個人様の安全対策をサポート

盗聴器発見、盗撮器発見業務や
誰かに見られている監視されているなどの不安やお悩み
『盗聴・盗撮器 探索サービス』が解決します!

年中無休 24時間365日
電話:042-370-1760
〒183-0055
東京都府中市府中町1-14-1朝日生命府中ビル6階
https://www.tohshin.alsok.co.jp

盗聴・盗撮器探索ページはこちらから
https://www.tohshin.alsok.co.jp/touchou_tousatu.html

盗聴器や盗撮器は意外と身近な場所に簡単に設置されます。
例えば・・・
三又のコンセント型盗聴器、テーブルタップ型盗聴器、スイッチ付きコンセント型盗聴器、
電話のモジュラーケース型盗聴器、電話機・リモコン・時計に内蔵された盗聴器、
照明器具の中に設置された盗聴器、ぬいぐるみ型盗聴器などの盗聴器や
超小型CCDカメラで盗撮を行う盗撮器などの設置はあらゆる場所に設置可能です。

☆ー*-☆ー*-☆ー*-☆ー*-☆ー*-☆ー*-☆ー*-☆

-盗聴・盗撮器種類

執筆者:

関連記事

ボールペン型盗撮器の特徴と自衛方法

情報機器分析課長です。 今回はボールペン型盗撮器について、その特徴と対策を解説します。ボールペンについては以前盗聴器が内蔵されているものを紹介しましたが、なかには盗撮器が内蔵されているものもあります。 …

キーレス型盗撮器による犯行から身を守る方法

情報機器管理分析課長です。   今回は「キーレス型盗撮器」についての解説をします。 盗撮器としての特徴と犯行手口について説明したうえで、個人でできる対策方法を紹介します。 日常生活の中に犯行 …

カード型盗聴器を使った犯行が増えています。特徴と対策方法を解説

情報機器分析課長です。 このブログでは、盗聴・盗撮の犯行に対する自衛の知識を身につけていただく目的で、世に存在する様々な盗聴・盗撮の手口と使用される機器の解説をしています。 今回、提供させていただく情 …

盗聴器発見器の仕組み

情報機器分析課長です。 盗聴器で盗聴されていないか不安な方にとって心強いのが、「盗聴器発見器」です。盗聴器を発見するための機器を盗聴器発見器(以降、発見器)と呼びます。 それでは発見器は、どのようにし …

内視鏡型盗撮器の特徴と盗撮事例、自衛方法

情報機器管理分析課長です。   今回は「内視鏡型盗撮器」の特徴、盗撮事例、自衛方法についてお伝えします。 盗撮犯自身が手に持っての盗撮、物陰に固定しての盗撮と、両方の盗撮手口に備える必要があ …

ページ先頭へ