盗聴盗撮探索ブログ

調査経験20年以上の経験を持つ調査員が、犯罪撲滅を目指した日々の出来事を綴ります

調査経験20年以上の経験を持つ調査員が、犯罪撲滅を目指した日々の出来事を綴ります

盗聴・盗撮器種類

スクランブル盗聴器とは?専門家対応必須のレアケース

投稿日:2018年11月22日 更新日:

情報機器分析課長です。

今回はスクランブル盗聴器と呼ばれる盗聴器のタイプについて説明します。
このタイプが調査で見つかるというのは比較的レアなケースですが、その特徴は非常にやっかいなもの。専門家対応が必須となる事態です。

スクランブル盗聴器とは?

スクランブル盗聴器とは、周波数を短時間に何度も切り替えながら送受信を行う盗聴器です。


モノによって切り替えの頻度は違いますが、中には1秒間に何十回も周波数を切り替えるというモデルもあります。
この複雑な電波を受信するためには、発信器と対になった専用の受信器を使わなければなりません。そのため、犯人以外の音声視聴は極めて困難です。

さらに高度なタイプとして、犯人がリモコンで盗聴の開始終了を指示できるリモコンスクランブル盗聴器というものも存在します。
このタイプになると盗聴調査の難易度はさらに高くなります。

スクランブル盗聴器のメリット・デメリット

盗聴犯にとってのスクランブル盗聴器のメリットは、第三者による傍受がしにくいことです。
先に説明したとおり、スクランブル盗聴器は対になった発信器受信器のセットによって盗聴を行います。
スクランブル盗聴器から発信された電波は、そのセット以外の受信方法、それこそ一般的な盗聴調査で行うような盗聴発見器を使って第三者が傍受することは困難です。
盗聴発見器は基本的に同じ周波数を続けて受信する仕様になっているため、複雑に変わり続けるスクランブル盗聴器の周波数には対応できません。

次にスクランブル盗聴器のデメリットについて。
スクランブル盗聴器は常に電波を発信しているタイプです。そのため、周波数の変更によって電波の受信こそさせないものの、一瞬拾える周波数から盗聴器の存在自体だけは覚知できる可能性があるのです。
「何を言っているのかはわからない」が、「盗聴器があって何か音源を拾っているのはわかる」ということです。

ただし、先述したリモコンスクランブル盗聴器の場合はその電波すら犯人の手で自由に止めることができるため、このデメリットは存在しません。極めて厄介な盗聴手段です。

スクランブル盗聴器の探索方法

結論から言えば、専門家以外の人間が対応することはほぼ不可能です。
一般の盗聴発見器では、周波数を満足に拾えないことはもちろん、周波数の存在自体に気づけない可能性もあります。
スクランブル盗聴器に対応できる盗聴発見器やそれに関連する機器はたしかに存在しますが、それらを扱うには豊富な知識経験が必要です。
また、機器自体も非常に高額です。

仮にご自身の手で調査を進めた結果スクランブル盗聴器が関わっていると想定できた場合、そこから先の対策は専門家へ依頼するようにしてください。

以上です。一般的な盗聴調査では存在そのものを見落とす可能性すらあるスクランブル盗聴器ですが、ALSOKの盗聴調査はこのレアなケースも見逃しません。ご相談下さい。

☆ー*-☆ー*-☆ー*-☆ー*-☆ー*-☆ー*-☆ー*-☆

安全と安心の ALSOK東心株式会社
東京・神奈川・千葉・埼玉・茨城・栃木県含め 全国対応いたします
企業様・個人様の安全対策をサポート

盗聴器発見、盗撮器発見業務や
誰かに見られている監視されているなどの不安やお悩み
『盗聴・盗撮器 探索サービス』が解決します!

年中無休 24時間365日
電話:042-370-1760
〒183-0055
東京都府中市府中町1-14-1朝日生命府中ビル6階
https://www.tohshin.alsok.co.jp

盗聴・盗撮器探索ページはこちらから
https://www.tohshin.alsok.co.jp/touchou_tousatu.html

盗聴器や盗撮器は意外と身近な場所に簡単に設置されます。
例えば・・・
三又のコンセント型盗聴器、テーブルタップ型盗聴器、スイッチ付きコンセント型盗聴器、
電話のモジュラーケース型盗聴器、電話機・リモコン・時計に内蔵された盗聴器、
照明器具の中に設置された盗聴器、ぬいぐるみ型盗聴器などの盗聴器や
超小型CCDカメラで盗撮を行う盗撮器などの設置はあらゆる場所に設置可能です。

☆ー*-☆ー*-☆ー*-☆ー*-☆ー*-☆ー*-☆ー*-☆

-盗聴・盗撮器種類

執筆者:

関連記事

間接照明型カメラの仕組みと自衛方法

情報機器分析課長です。 今回紹介するのは間接照明型カメラについて。 家の中に置かれた間接照明に盗撮カメラが仕込まれていたという例です。 これは盗撮犯が自作したもので手の込んだ盗撮カメラでした。 &nb …

盗聴器の種類3選とその性能

情報機器分析課長です。 これまで、このブログでは電源タップ、電卓、ペンなど様々なものに カムフラージュされた盗聴器をご紹介してきましたが、基本的には 3つの性能に分類することができます。 今日はその性 …

ネックレス型盗撮器の特徴と自衛方法

情報機器分析課長です。 今回はネックレス型盗撮器について、特徴や犯行手口、自衛方法をお伝えします。 ネックレスのどの部分にカメラレンズがあるのか、どう対策すればよいか、一般の方が自衛できる方法を紹介し …

ライター型盗撮器の特徴と自衛方法

情報機器分析課長です。 今回は「ライター型盗撮器」の特徴と自衛方法をお伝えします。 ドラマで探偵役が使うなど、比較的認知度の高い盗撮器です。   ライター型盗撮器の特徴 ライター型盗撮器とは …

モジュラージャック型盗聴器の対策。通話内容を傍受する危険な盗聴器です

情報機器管理分析課長です。 今回は「モジュラージャック型盗聴器」について解説します。 電話の内容を知られてしまうという危険な機能を持っており、そのうえ探索対処が比較的難しいという厄介な盗聴器です。 モ …

ページ先頭へ