盗聴盗撮探索ブログ

調査経験20年以上の経験を持つ調査員が、犯罪撲滅を目指した日々の出来事を綴ります

調査経験20年以上の経験を持つ調査員が、犯罪撲滅を目指した日々の出来事を綴ります

盗聴・盗撮器種類

靴型盗撮器の仕様と使われ方

投稿日:

情報機器分析課長です。

盗聴盗撮の手口を知ることでご自身の自己防衛を考えるこのシリーズ、

今回は靴の中にカメラを仕込むタイプの盗撮器について、その構造や使われ方を紹介します。

 

 

<靴型盗撮器の仕様>

靴型盗撮カメラは現在製品として販売されているものはありません。使用者は自分で作っています。

1万円程度で買えるリモコン付き小型カメラを靴に仕込むことで作ることができます。

靴の甲やつま先の部分にカメラを埋め込み、手元のリモコンで操作する仕組みです。

 

<かつては製品として販売されていた靴型盗撮器>

靴型盗撮器は以前製品として販売されていましたが、警察が業者を検挙したことで販売停止となりました。

検挙は2014年。2500足が流通したようです。

警察が盗撮カメラ業者の逮捕にたどりついたきっかけは、靴型カメラを購入した人間による盗撮事件でした。

盗撮で逮捕された犯人が使っていた靴型カメラから業者を特定し、盗撮カメラ業者の家宅捜索、販売停止に成功したという流れです。

その後警察は既に流通した2500足についても購入リストから購入者の存在を割り出し、購入者に提出を求めていきました。

しかし、連絡がつかなかった購入者も当然おり、現在も一部使用されているものと思われます。

 

<靴型盗撮器の見た目>

遠くから見た状態では通常の靴と見分けがつきません。

カメラ部分は直径数ミリのレンズを使っており、そのレンズも靴に開けた小さな穴の内側に埋め込まれている場合が多いです。

ではどうやって靴型盗撮器を警戒すればよいか?

実は靴型盗撮器の見た目の傾向として、「黒い靴」が使われるケースが多いです。

カメラレンズ自体は黒系ですし、靴に穴を開けた場合も周りが黒であれば穴が目立たないという心理から来るものと思われます。

 

靴自体は革靴から運動靴まで様々な靴にカメラが仕込まれています。黒色→つま先や甲に穴やレンズがあるか注視という流れである程度の警戒はできるでしょう。

とはいえ巧妙に隠されているものについては至近距離での目視であっても判断は難しい場合があるのですが。

 

<靴型盗撮器を使う人の特徴と自己防衛>

見分けが難しい靴型盗撮器ですが、いくつか傾向はあります。それらを踏まえて自己防衛を考えると良いでしょう。

靴型盗撮器で犯行に及ぶ人間の大きな特徴として、「被写体に体を近づける」というものがあります。

靴型盗撮器は撮影対象から垂直もしくはそれに近い角度につま先を差し込む必要があり、そのためには体をかなり相手に近づけなければなりません。

不自然に接近した状態を続けてくる人間がいた場合、他に不自然な行動をとっていないか、靴に違和感はないかどうかを確認すると良いでしょう。

その際、手元にもリモコンがある可能性が高いので注意してください。

以上です。

多種多様な盗撮の手口を知ることで、プライバシー侵害に対する自己防衛を考えるきっかけにしていきましょう。

☆ー*-☆ー*-☆ー*-☆ー*-☆ー*-☆ー*-☆ー*-☆

安全と安心の ALSOK東心株式会社
東京・神奈川・千葉・埼玉・茨城・栃木県含め 全国対応いたします
企業様・個人様の安全対策をサポート

盗聴器発見、盗撮器発見業務や
誰かに見られている監視されているなどの不安やお悩み
『盗聴・盗撮器 探索サービス』が解決します!

年中無休 24時間365日
電話:042-370-1760
〒183-0055
東京都府中市府中町1-14-1朝日生命府中ビル6階
https://www.tohshin.alsok.co.jp

『盗聴・盗撮器 探索サービス』ページはこちらから
https://www.tohshin.alsok.co.jp/touchou_tousatu.html

盗聴器や盗撮器は意外と身近な場所に簡単に設置されます。
例えば・・・
三又のコンセント型盗聴器、テーブルタップ型盗聴器、スイッチ付きコンセント型盗聴器、
電話のモジュラーケース型盗聴器、電話機・リモコン・時計に内蔵された盗聴器、
照明器具の中に設置された盗聴器、ぬいぐるみ型盗聴器などの盗聴器や
超小型CCDカメラで盗撮を行う盗撮器などの設置はあらゆる場所に設置可能です。

☆ー*-☆ー*-☆ー*-☆ー*-☆ー*-☆ー*-☆ー*-☆

-盗聴・盗撮器種類
-, ,

執筆者:

関連記事

モバイルバッテリー型盗撮器の存在を知っておきましょう

情報機器分析課長です。 今回は【モバイルバッテリー型盗撮器】に関する注意喚起です。   モバイルバッテリー型盗撮器の特徴と犯行手口について知っていただくことで、このカメラがいかに怖い存在かが …

超小型盗聴器の種類と特徴、自衛方法

情報機器分析課長です。 盗聴器の中でも特に小さい、超小型盗聴器と呼ばれるタイプのものについて紹介、解説します。   超小型盗聴器の種類 超小型盗聴器には大きく分けて2種類、「録音式」「電波式 …

内視鏡型盗撮器の特徴と盗撮事例、自衛方法

情報機器管理分析課長です。   今回は「内視鏡型盗撮器」の特徴、盗撮事例、自衛方法についてお伝えします。 盗撮犯自身が手に持っての盗撮、物陰に固定しての盗撮と、両方の盗撮手口に備える必要があ …

盗撮犯が盗撮用カバンを入手する方法、カバンの形、実際の事件例

情報機器分析課長です。 今回紹介するのはカバン型カメラを使った盗撮について。 カバン型カメラの入手方法や実際の事件についてお伝えし、そこから皆様が自衛するための方法を考えていきます。   & …

【盗撮器】盗撮用腕時計

こんにちは! ALSOK東心 情報機器分析主任です。 皆さん、身に着けられる隠しカメラと聞いてどのようなものを思い浮かべますか? 昔からスパイ映画の定番で、隠しカメラのついた腕時計がよく登場しますが、 …

ページ先頭へ