盗聴盗撮探索ブログ

調査経験20年以上の経験を持つ調査員が、犯罪撲滅を目指した日々の出来事を綴ります

調査経験20年以上の経験を持つ調査員が、犯罪撲滅を目指した日々の出来事を綴ります

盗聴・盗撮器種類

傘を使った盗撮の手口や実際に起きた事例、防衛手段

投稿日:2018年10月18日 更新日:

情報機器分析課長です。

 

こちらのブログでは盗撮の機器や手口に関する情報を提供します。

この情報共有をきっかけに読者様に自己防衛について考えていただければと思います。

今日は盗撮の手口の一つ、傘を使った盗撮について事例を紹介します。

<傘を使った盗撮の手口>

傘型盗撮カメラの構造

傘型盗撮カメラは傘の先端にカメラ部分があるものが多いです。

カメラは傘を下に下ろした時にレンズが上を向くように取り付けられています。

先端から枝にかけて線が通っており、その枝の部分にスイッチがあります。

 

傘型盗撮カメラの使い方

傘型盗撮カメラは逆さ撮りをする目的で作られているものが多いです。

スカートを履いた女性の下に傘の先端を向けて手元のスイッチで撮影します。

 

<傘型盗撮カメラを使った盗撮事例>

待ち合わせスポットで傘を使った盗撮

渋谷ハチ公前で傘型盗撮カメラを使って女性のスカート内を盗撮した男が逮捕される事件がありました。

ハチ公前という待ち合わせスポットで昼間に堂々と行われた盗撮事例です。

 

なぜ昼間の待ち合わせスポットが犯行現場なのか

犯罪者はあえてリスクの高い方法を取ることはしません。

発覚を恐れているからこそこの傘型盗撮カメラのような巧妙な手口を取るわけですから。

 

ではなぜ人の多い昼間の待ち合わせスポットが犯行現場になったのか?

その理由はスマホです。

待ち合わせをしている人は決まってスマホを眺めています。待ち合わせ相手との連絡や暇つぶし等、スマホに手を伸ばしやすい状況です。

スマホの画面に集中していると周囲の状況が気にならなくなり、結果盗撮の餌食となってしまうわけです。

 

 

<傘型盗撮カメラを持った人間の行動パターン>

傘を大切に持つ

傘型盗撮カメラを持った人間はその傘を大切に持っています。

盗撮カメラは数万円するほど高価なもの。また、傘を落として他人に拾われたりしては犯罪がばれてしまいます。

不自然なほどに傘を大切に持っている人間がいたとしたら、ある程度警戒すると良いでしょう。

 

傘が濡れていない

傘が濡れていないということも傘型盗撮カメラを見分ける一つの手がかりです。

盗撮カメラは電子機器なので、当然水には弱いもの。

雨上がり、降雨中の屋内等にも関わらず乾いた傘を持った人間がいた場合、これも警戒の対象とするのが良いでしょう。

以上です。

今後も盗撮事例や使われた道具に関する情報を提供していきます。

犯罪の話ではありますが、知っておくことで防げる被害は多々ありますので、是非ご覧ください。

 

また、余談ですが、先日大阪城に行ってきました。

天候にも恵まれ、外国人の観光客が多い大阪城でしたが、

ガイドさんが撮影ポイントを教えてくださり

記念に取った写真は、自身でもお気に入りの1枚になりました。

実は、城を見て回るのが趣味でして・・・

仕事でお城がある土地に行くと寄りたいと思うのですが、

なかなか時間がないので、プライベートを利用して行ってきました。

またチャンスがあれば行きたいと思います。

☆ー*-☆ー*-☆ー*-☆ー*-☆ー*-☆ー*-☆ー*-☆

安全と安心の ALSOK東心株式会社
東京・神奈川・千葉・埼玉・茨城・栃木県含め 全国対応いたします
企業様・個人様の安全対策をサポート

盗聴器発見、盗撮器発見業務や
誰かに見られている監視されているなどの不安やお悩み
『盗聴・盗撮器 探索サービス』が解決します!

年中無休 24時間365日
電話:042-370-1760
〒183-0055
東京都府中市府中町1-14-1朝日生命府中ビル6階
https://www.tohshin.alsok.co.jp

『盗聴・盗撮器 探索サービス』はこちらから
https://www.tohshin.alsok.co.jp/touchou_tousatu.html

盗聴器や盗撮器は意外と身近な場所に簡単に設置されます。
例えば・・・
三又のコンセント型盗聴器、テーブルタップ型盗聴器、スイッチ付きコンセント型盗聴器、
電話のモジュラーケース型盗聴器、電話機・リモコン・時計に内蔵された盗聴器、
照明器具の中に設置された盗聴器、ぬいぐるみ型盗聴器などの盗聴器や
超小型CCDカメラで盗撮を行う盗撮器などの設置はあらゆる場所に設置可能です。

☆ー*-☆ー*-☆ー*-☆ー*-☆ー*-☆ー*-☆ー*-☆

 

 

-盗聴・盗撮器種類
-, ,

執筆者:

関連記事

内視鏡型盗撮器の特徴と盗撮事例、自衛方法

情報機器管理分析課長です。   今回は「内視鏡型盗撮器」の特徴、盗撮事例、自衛方法についてお伝えします。 盗撮犯自身が手に持っての盗撮、物陰に固定しての盗撮と、両方の盗撮手口に備える必要があ …

壁掛けフック型カメラを使った盗撮の手口と自衛方法

情報機器分析課長です。   今回紹介する盗撮機器は壁掛けフック型カメラです。 知ってさえいれば一般人でも存在に気づきやすいカメラですので、今回の記事を自衛の知識を得るきっかけとしてください。 …

スクランブル盗聴器とは?専門家対応必須のレアケース

情報機器分析課長です。 今回はスクランブル盗聴器と呼ばれる盗聴器のタイプについて説明します。 このタイプが調査で見つかるというのは比較的レアなケースですが、その特徴は非常にやっかいなもの。専門家対応が …

ボタン型盗撮器の特徴と自衛方法

情報機器分析課長です。 今回は「ボタン型盗撮器」について、特徴と盗撮犯の行動の傾向、自衛方法をお伝えします。   ボタン型盗撮器の特徴 ボタン型盗撮器とは スーツやシャツのボタンに似せた盗撮 …

【企業・オフィス編】盗聴・盗撮に使われそうなアイテム7つ

情報機器分析課長です。   この記事では企業やオフィスでの盗聴・盗撮に使われやすいアイテムとそれぞれの自衛方法を解説しています。 各アイテムに関してはより詳しく解説した記事がありますので、必 …

ページ先頭へ